吾妻鏡(アズマカガミ)
吾妻鏡は、治承4年(1180)4月の源頼朝挙兵から、文永3年(1266)7月の 前将軍・宗尊親王の帰京までの87年間にわたる鎌倉幕府の事跡を日記に記録した史書 です。鎌倉幕府や鎌倉武士団、京都朝廷との関係、天変地異に至るまで当時のことを知る上 で貴重な資料となっています。