便利帳 地図 歴史 史跡 人物 行事 散策 みやげ リンク
                 日蓮辻説法跡(にちれんつじせっぽうあと)  
由来 
当時の鎌倉は地震、暴風雨、干ばつ等で疫病が続発し、不安と恐怖におののく人々を救おうと、日蓮上人は、松葉が谷の草庵から毎日小町大路の街頭に出て、道行く人々に辻説法を行い法華経を教え熱心に説いていました。
「煩悩菩薩・生死即涅槃」「南妙法蓮華経」と唱え、人生のいろいろな悩みや執着はそのまま悟りだと思い、法華経を信じる事を説いた。
「政治が正しくなければ国も庶民の生活も安ずることが出来ない」また「為政者が邪教を信じ、法華経をないがしろにすれば”自界叛逆・他国侵逼難”となって日本は滅亡する」と予言していた。日蓮上人38歳の時です。
 見所
日蓮上人の辻説法跡の立て札
日蓮上人の辻説法跡その1 日蓮上人の辻説法跡その2 日蓮上人の辻説法絵図
歴史リンク 日蓮上人の辻説法の歴史背景と時期を表示します。
          
歴史リンクへ
散策 散策コースを紹介。
        
 日蓮上人を偲ぶ散策コース
基本情報             アクセス JR鎌倉駅東口徒歩7分
住所 鎌倉市小町
地図 地図へ
拝観料 なし
駐車場 なし
主な周辺情報
(画像がリンクします)
       
 
本覚寺        妙本寺        段蔓  お店

 史跡一覧へ戻る