7・8月花暦散策  はす(ハス)

鎌倉のハス散策概要

・鎌倉のハスは、鶴岡八幡宮の源平池で咲くハスと大賀博士が発見した大賀ハスが咲く、材木座にある光明寺が名所です。ハスが咲く頃は、ノウゼンカズラ、フヨウ、サルスベリ、キキョウなどの花も咲いています。散策は、鶴岡八幡宮と光明寺でハスを見ながら、時期によっては妙本寺でノウゼンカズラが見られる2~3Hの散策コース。

鎌倉のハスの見られる主な寺社
 
   鶴岡八幡宮 光明寺 光則寺 長谷寺 

ハスの開花時期

開花時期はハスの花の種類や咲く場所、気候の状況によって違いが有りますが大体7月から8月です。但し咲く時期については変動が有りますので、寺社にご確認ください

ハスのお勧めのコース 

        1)コース順序

 徒歩(史跡間の時間。史跡内の時間含まず)  
   *名所の名前をクリックしますと詳細をご覧いただけます  

    JR鎌倉駅(15分)鶴岡八幡宮(15分)妙本寺(15分)九品寺(5分)光明寺(5分)和賀江島(20分)JR鎌倉駅

       2)コース見所                                                           
        ①鶴岡八幡宮の源平池のハスと光明寺の大賀ハス
        ②鎌倉のシンボル・鶴岡八幡宮
。悲劇の妙本寺。鎌倉時代の港・和賀江島などの史跡
       

 
       3)コースの画像

①鶴岡八幡宮源平池のハス
     鶴岡八幡宮のハス
②鶴岡八幡宮源平池のハス2
     鶴岡八幡宮のハス
③光明寺の大賀ハス
      光明寺のハス

         4)コース地図
          *NOの名所名部分をクリックしますと詳細をご覧いただけます
                

 散策メニューに戻る  湘南鎌倉の宿