極楽寺(ごくらくじ)
由来
この寺は、鎌倉唯一の真言律宗の寺。建立したのは、北条義時の三男・重時。重時は、執権を補佐する連署まで務めた人ですが、政冶に執着することなく、出家してその邸に極楽浄土の姿を現そうとして大寺建立を思い立ち、正元元年(1259)に造営を始めた。ところが工事半ばの弘長元年(1261)に重時は亡くなった。その子・長時と業時が父の志を継いで完成させた。

忍性が招かれて開山となった。最盛期は七堂伽藍を備え、大小49の支院があった。忍性はこの広大な境内に、慈善救済の大事業を営んだ。施楽院・悲田院・療病舎などの建物が並び、日夜多数の病者を収容し、貧者には無料で加療・施薬をした。精力的な活動をした忍性は、さらに土木事業も起こし、各地に橋を189ヶ所、道は71ヶ所もあった。

忍性は生き仏と仰がれていた。ところが元弘三年(1333)新田義貞鎌倉攻めの際の戦火でことごとく焼失してしまった。今では昔の面影はないが、本堂前にある薬草をすり潰した石臼と石鉢が、忍性の大事業を示している。忍性は後醍醐天皇より菩薩の称号を貰っている。本尊は釈迦如来
  
                    歴史リンク    散策ガイド
見所 ・極楽寺の後方の山すそに高さ4mの忍性の巨大な墓(重文 一般公開は4月8日の花祭りのとき)

北条重時の墓(忍性墓の隣) 



境内は撮影禁止
 山門
           
花暦 (4月)サクラ(6月)アジサイ(8月)サルスベリ
行事 (4月)花祭り・忍性墓・寺宝公開
所在地とアクセス ・鎌倉市極楽寺
・極楽寺駅(江ノ電)徒歩1分
・TEL 0467-22-3402
・拝観時間 10:00〜16:00
・宝物館(300円)

地図へ

       名所一覧へ戻る 
     
Copyright(C)2007Kamakura−burabura Allrights reserved.