報国寺(ほうこくじ) 
由来
報国寺は臨済宗建長寺派の禅宗寺院。この寺は、淨妙寺中興の足利貞氏の父・家時(足利尊氏の祖父)が開基。夢想国師の兄弟子・天岸慧広(仏乗禅師)の開山で建武元年(1334)の創建。永享の乱(1439年に起きた足利持氏の室町幕府将軍・足利義教への反乱)で関東公方・足利持氏は敗退し、永安寺で自刃した時、その長子・義久もこの寺に入って自刃した悲劇の寺である。古くから境内の孟宗の竹林で知られている。三門をくぐり右側の石段を登ると本尊の釈迦如来坐像が祀られている本堂がある。本堂の右手に迦葉堂、左手にかやぶきの鐘楼がある。数多くの文化財があるが、殆どは現在、鎌倉国宝館に所蔵されている。本尊は釈迦如来(市重文)
                歴史リンク  散策ガイド         

       報国寺本堂
見所 ・開山仏乗禅師の作の中庭
・竹林の庭(別名・竹寺)
・足利家時他一族の墓地
新田義貞鎌倉攻めの際の由比ガ浜での戦死者の埋葬の塚
花暦 (1月)スイセン,ロウバイ(3月)ボケ(5月)バラ、ツツジ(7月)ノウゼンカズラ(10月)冬サクラ
         竹林の庭
所在地とアクセス ・鎌倉市浄明寺
・鎌倉駅徒歩25分、または京急バス鎌倉駅発十二所方面行き淨明寺下車3分
・TEL0467-22-0762
・拝観料(竹の庭) 200円
・拝観時間 9:00〜16:00

地図へ

     名所一欄へ戻る 
  
    Copyright(C)2007Kamakura−burabura Allrights reserved.