便利帳 地図 歴史 史跡 人物 行事 散策 みやげ リンク
北鎌倉            明月院(めいげついん)  
由来
明月院は、臨済宗建長寺派に属する寺。首藤刑部太夫・山ノ内経俊が永暦元年(1160)に平治の乱で、戦死した父・首藤刑部大輔・俊道の菩提供養として、明月院の前身の明月庵を創建。その後、康元元年(1256)、鎌倉幕府五代執権・北条時頼が執権を北条長時に譲って、この地に最明寺が建立し、出家生活をここでおくったが37歳で死去。後に時頼の子・八代執権・北条時宗が最明寺を前身に、蘭渓道隆を開山に禅興寺を創建した。康暦二年(1380)、足利氏満から禅興寺中興の命を受け、関東官領・上杉憲方は寺院を拡大し、塔頭も建てた。
この時、明月庵は明月院と改められ支院の首位におかれた。上杉憲方の法名は明月院に由来する。足利三代将軍・足利義満の時代に禅興寺は関東十刹の一位となったが、明治初年に禅興寺は廃寺となり、明月院だけが残った。本尊は聖観音菩薩坐像
 主な見所
・山門
6月のアジサイの時期には境内一面にアジサイで埋め尽くされます。特に山門前の参道は人で混雑します。
・方丈 
本尊は聖観音菩薩坐像を祀る。

・庭園   
方丈内の円窓は、悟りや真理、大宇宙などを円形で象徴的に表現したもので「悟りの窓」と呼ばれている。手前に枯山水庭園、奥に後庭園と二つの庭園を持ち、後庭園は通常非公開で円窓からしか見ることができないが、3000本のハナショウブと紅葉の季節に特別公開される
・北条時頼の墓所と廟所
北条時頼(1227~1263)は、五代鎌倉幕府執権。36歳の若さで亡くなる。
 
 ・やぐら
鎌倉の中でも最大級のやぐらです。上杉慶方の墓と言われる宝篋印塔が祀られています。
・開山堂
山内上杉家の祖、関東管領・上杉憲方は密室守厳を開山として、明月院を開創した。開山の密室守厳像が祀られている。
・境内一面のアジサイ 
明月院は、長谷寺と並ぶ鎌倉随一のアジサイの名所。満開時には約2,500株のヒメアジサイで境内が染まり、その淡い青色の花は「明月院ブルー」と呼ばれている。
 
・寺宝 
彫刻では上杉氏の祖といわれる木造上杉重房座像(国重文)、北条時頼坐像(県重文)、明月院絵図(国重文)。
境内MAP  明月院の境内の名所を分かり易く地図で表示します。 
          明月院境内MAPへ
 
歴史リンク 明月院が創建された歴史背景と時期を表示します。
         
歴史リンクへ
 


           
明月院の花を紹介。   明月院の花へリンク  そして下記の花をクリック!
 
  花ショウブ   アジサイ  
散策 明月院を含めた散策コースを紹介。 
        ①
北鎌倉周辺散策コース           
        アジサイ散策コース
基本情報             アクセス JR横須賀線「北鎌倉駅」から徒歩10分
住所 〒247-0062 神奈川県鎌倉市山ノ内189
TEL
0467-24-3437
定休日 無休  
拝観時間 9:00~16:00(6月は8:30~17:00)
拝観料 300円。6月は500円。(6月と紅葉の時期は庭園特別拝観あり※別途500円必要) 
駐車場 なし
WEB情報  明月院(Wikipedia)
地図  地図へ 
主な周辺情報
(画像がリンクします)       
        
円覚寺      東慶寺  建長寺  お店

  史跡一覧へ戻る