建長寺         
 鎌倉五山めぐり
円覚寺

コース概要

五山は、禅宗で最高の格づけをされた五大寺です。鎌倉時代に中国の五山制度にならって、最初鎌倉の禅寺に設けられました。建武の中興から京都にも五山に列せられるものがでて、さらに室町初期には鎌倉・京都それぞれに設置されました。その後たびたび改定されましたが、1386年(至徳3年・元中3年)足利義満のとき、五山の上に南禅寺がおかれ、京五山として天竜寺・相国寺・建仁寺・東福寺・万寿寺、鎌倉五山として第一位建長寺第二位円覚寺第三位寿福寺第四位浄智寺第五位浄妙寺の順と定められ、現在に至っています。当コースは鎌倉五山をまわるコースです。

コース見所
・鎌倉の史跡を代表する寺院が見学できる。
・北条時代の盛んだった禅宗の面影が感じられる。

コース順序            

乗り物 徒歩(史跡間の時間。史跡内の時間含まず) 
  *名所名部分をクリックしますと詳細をご覧いただけます
 北鎌倉駅  1
 円覚寺 3
東慶寺 5
浄智寺
10
 
建長寺 15
 寿福寺
30

 
 浄妙寺  3
 浄妙寺バス停 15
 
鎌倉駅 
 
 
 *名所部分をクリックしますと詳細をご覧いただけます




 散策メニューに戻る   湘南鎌倉の宿