葛原岡神社 
由来
葛原岡神社は、後醍醐天皇の側近・日野俊基を祀る神社です。明治天皇が日野俊基に従三位を贈り、地元有志と全国の崇敬者の協力により明治20年(1887)に創建されました。神社の南側に日野俊基の墓があります。日野俊基は鎌倉幕府の倒幕の謀議に加わり、正中の変(1324)で捕らえられ許されたが、元弘の変(1331)で再度捕らえられ、翌年ここで処刑された。辞世の句「秋を待たで葛原岡に消える身の露のうらみや世に残るらむ」を残している
歴史リンク    散策ガイド      葛原岡神社
見所 ・桜の時期
花暦 (1月)スイセン(2月)梅、ツバキ(4月)桜(6月)アジサイ(11月)サザンカ
行事 (6月)例祭
所在地とアクセス ・鎌倉市梶原
・鎌倉駅徒歩15分
・Tel 0467-45-9002
地図へ
           本殿

    名所一欄へ戻る