白旗神社(法華堂)
由来
白旗神社のある所は、源頼朝の館のあった大倉御所の北隅で持仏堂があった所。頼朝の死後は、法華堂と呼ばれ、ここに葬むられていました。源頼朝の持仏堂であったことから鎌倉幕府の保護も厚く鶴岡八幡宮勝長寿院と並ぶ崇敬を集めた。

宝治元年(1247)6月5日、三浦対北条・安達の宝治の乱のおり、三浦泰村は館を攻められ、一族を率いて、この法華堂に立て篭もった。北条時頼の兵に攻められ、終に泰村、光村以下の三浦一族と此れに加担した島津、毛利を含めて500人が、この法華堂で自害した。明治維新に白旗神社と改められた。神社奥の山上には源頼朝の墓がある。
                  
歴史リンク     散策ガイド     白旗神社
見所 ・裏山に自害した三浦一族のやぐら島津、毛利のやぐらがある。
所在地とアクセス ・鎌倉市西御門
・鎌倉駅徒歩15分
地図へ

     名所一覧へ戻る