覚園寺、瑞泉寺に古都を知る
      
散策コース
        
                              
鎌倉宮

コース概要

・このコースは、仏像と鎌倉時代の雰囲気を残していると言われる覚園寺と、花の寺で有名な瑞泉寺が見所である。京急バス大搭宮で下車、その後、山側に向かって歩き仏像彫刻の多彩さは鎌倉有数と言われる覚園寺を拝観(拝観時間は10時~15時の一時間毎に案内、平日は12時は除く)。そして、鎌倉宮に戻り、悲劇の皇子・護良親王を祀った鎌倉宮をお参りする。

その後、瑞泉寺に向かう途中、かって源頼朝は鎌倉に大きな寺を3つ建立した。その内の一つが鶴岡八幡宮であり、二つ目が勝長寿院、三つ目が永福寺であった。今は、焼けてしまい鶴岡八幡宮だけしか残っていない。その永福寺跡を通り、長い階段を登って宮内庁管轄悲劇の皇子・護良親王の墓地をお参りする。最後に花の寺で有名な瑞泉寺を散策する。瑞泉寺は四季の花々が咲いているが、特に1~2月のスイセンが有名。帰りは大搭宮バス停への
3H程度のコース

コース見所

薬師如来(国重文)をはじめとした覚園寺の仏像群と鎌倉時代の雰囲気を残す薬師堂。
 
注意 覚園寺は拝観時間が決まっています。10:00~15:00(平日は12時除く)

・四季の花々が咲いている瑞泉寺。特に1~2月のスイセンが有名。また夢想疎石作の庭園が有名。

コース順序 

乗り物 徒歩(史跡間の時間。史跡内の時間含まず) 
  *名所名部分をクリックしますと詳細をご覧いただけます
  
 鎌倉駅発京急バス
大塔宮行き 20
 大塔宮下車 15
 
覚園寺 15

 大塔宮(鎌倉宮) 5
 
永福寺跡
5
 
 護良親王墓 15
瑞泉寺 20

大塔宮バス停
   鎌倉駅発京急バス大搭宮行き時刻表    鎌倉駅行大搭宮バス停時刻表

  *NOの名所名部分をクリックしますと詳細をご覧いただけます

 散策メニューに戻る  湘南鎌倉の宿